機関紙・学校新聞

辿り、残し、伝える軌跡。

一つのグループにおける社会活動や集団生活を重ねていく上で、「辿ってきた道筋」を振り返ってみることも大切になります。
機関紙や学校新聞には、そんな「軌跡」を形あるものとして残し、多くの人々、後世へ伝えていく役割があるのです。