沿革

沿革

昭和22年北國書籍印刷株式会社を設立。
昭和36年野々市市(旧野々市町)に工場を新築移転。
昭和61年新聞輪転機を増設。
日本経済新聞の受託印刷開始。
平成 2年B縦半裁高速輪転機を導入。大量出版物・チラシ印刷などに対応。
平成 5年Macintosh、レナトスなどを順次導入。編集組版部門を拡充強化。
平成 9年新聞輪転部門を金沢工場に移転。
野々市・金沢の2工場体制になる。
平成11年CTP機を導入し、省フィルム製版システムになる。
平成12年中綴機2台と各種折機を導入。製本部門の拡充強化。
平成13年B縦半裁高速輪転機(パーフォレーター・シーター付)を導入。
輪転機2台体制になる。
平成14年株式会社ショセキに社名を変更。
富山支店を開設。
ISO9001:2000取得。
平成16年8色(両面4色)枚葉機を導入。
東京支店を開設。
平成17年エコアクション21認証取得。
平成18年白山工場が完成。B縦半裁高速輪転機3台体制になる。
新聞印刷部が北國新聞白山制作センターで稼働。
プライバシーマーク認証取得。
平成19年北陸最長の14鞍中綴製本ラインを導入。
中綴製本ライン3台体制になる。
平成26年輪転機3台に品質検査装置を導入。
平成27年CTP機を更新。
平成28年8色(両面4色)枚葉機を水なし印刷に切り替え。
12鞍D判対応の中綴ラインを導入。
中綴製本ライン4台体制になる。
平成31年
令和 元年
A全4色UV枚葉印刷機を導入。
オンライン校正・データ比較システムの運用を開始。
特殊色対応オンデマンド印刷機、自動検査装置付モノクロオンデマンド印刷機を導入。オンデマンド印刷の拡充強化。
令和 2年セミオートセッティングタイプ中綴じ製本機、ペラ丁合鞍掛け中綴じ製本システム、シュリンク包装機を導入。製本の拡充強化。