デジタルツール

電子ブック

紙の印刷物を電子ブック化することにより、簡易なデータベース代わりに使うことができ、情報の共有が簡単になります。
また、B to Cに使った場合は、どのページがよく見られているか、どのワードが検索されているのかなどのログを集計することができるため、それを元に内容の改良を行い、反応が良いコンテンツを作ることができます。

AR(拡張現実)

ARは、エンターテイメントとして楽しむこともできますが、印刷物にAR機能を加えることで、どれだけの人が興味を持って、アクションを起こしたかが、分かるようになります。イベントなどでも反応を集計することができるので、来客者の注目度合いなどが分かります。
サンプルをご希望の方は、お問い合わせください。